HOME > 開運お水取り
幸せのお水を求めて

皆さんは「お水取り」をご存じでしょうか?
お水は私達の命の源です。

私たちの体の60〜65%は水であり、その水を良化することで私たちの体は 浄化されます。

また、水は気や波動を最も吸収しやすい物質です。ゆえに、良い方位の気を含んだ水であれば、 良い気を沢山含んでいるといえます。

従って、良い方位の水を飲むことによって、運が強い人は今以上にプラスの波動を体内に吸収す ることができ、不運を嘆いていた人は、強運をしっかり掴む事ができるのです。
それを「お水取り」と言います。
つまり吉である方位に行ってその場所の水を飲むと、その人にとっての願望を叶えることができるのです。

「一生懸命努力しても報われない」「何をやってもツキがない」等と嘆く前に、自分の運気を良い方 向に変えてみましょう。
そして、こんな不況の時こそ「お水取り」をおこなって大吉方に旅行し、プラスのエネルギーを 吸収しましょう。

お水取りの作法

特別難しい事はありません。
大吉方にある神社へ行き、指定の日時に、
1.お水
2.お砂
を戴き、 その神社でお詣りすれば良いのです。

お水は持参したペットボトル等に2リットルほど戴き、お砂は耳かき一杯程を戴きます。
お砂は大変効果のあるお守りになりますので、お守り袋に入れて肌身離さず持ち歩いてください。

水の中の気が保たれる期間は9日程度です。従ってお水は9日間飲み続けます。
また、お砂は72日間効果がありますが、これは気が根付くまでの日数を表します。
お砂の厄除け効果は非常に高く、悪い方位へ移転する人や家相の悪い家に住む人、墓相の改善は、お砂を撒く事によって凶作用を取り除くことができます。
詳しくは「お砂取りについて」をご覧ください。
但し、家に撒く場合は家族の生年月日も影響しますので、当学院までご相談ください。

その他
○お砂返し
○玉埋め・玉いけ
 (人形包玉祈願)
○杭打ち
○風水八方石
などの開運法がありますので、詳しくは当学院までご相談ください。

お水取りはその人によって日時・場所が異なります。
もちろん方位も昨年とは異なりますし、方位を間違えますと大変な凶作用があります。

日時などは独自の判断に頼らず「お水取り」をおこなう前には、必ず当学院までご相談ください。

開運お砂取り

皆さんは妖怪「砂かけ」をご存じですか?
アニメのキャラクターとしてご存じの方も多いと思いますが、寂しい森に潜んでいて、人が通りかかるとバラバラと砂をかけて脅かす老婆の妖怪です。

「お砂」にはエネルギーが含まれていますが、「砂かけばばあ」はマイナス(凶方位)のエネルギーを含んだ「お砂」を使って人を脅かしていたのです。しかし、プラス(吉方位)のエネルギーを含んだ「お砂」ならば、必ず良いことが起きるはずです。

方位学では「土気法」と言って、吉方位のプラスのエネルギーが含まれた「お砂」を使い運勢を高める秘法があります。
「お砂」のエネルギーは「お水」よりも長い間効果が継続します。


画/嶋泉妙

吉方位の「お砂」を家の周囲に撒いたり、お守りとして身に付けることにより、あなたにとって最も相性の良いプラスのエネルギーにつつまれ、家相を改善したり厄災をはねのけることが出来るのです。これは、古くは平安時代よりおこなわれてきました。

吉方位の「お砂」とは、必ず吉方位で指定時間内に戴いた「お砂」でなければなりません。決して神社などで売っている「お砂」を買ってきてはいけません。

戴く量は、お守りにする場合は耳かき一杯分で十分です。神社で戴いたお守り袋に直接入れて身に付けます。
家相除けとして使う場合は一合ほどで十分です。